Monthly Archives: 4月 2016

ヘルペスが発症し易いタイミングとして妊娠中が挙げられます。ホルモンバランスの乱れが起こったり体力が低下するなどの問題が起こり易いタイミングでもありますので、ヘルペスウィルスによる症状に見舞われてしまうことがあるのです。そして妊娠中にヘルペスによる症状を発生させ易くする原因として関節症が挙げられます。
まず妊娠中というのは母体に様々な症状を発生させますが、関節症もその内のひとつです。そして関節症の原因になるのが骨盤の開きですが、骨盤の開きはリラキシンと呼ばれるホルモンの作用によって起こると言われています。骨盤が広くのは出産をし易くする為の重要な変化ですが、しかしながらそれによって骨盤の筋肉が緩み、股関節や腰痛などを発生させてしまうことがあるのです。そしてこれらの痛みによって体力を消耗させたり、ストレスを感じてしまうようになりますが、その際に発生する可能性があるのがヘルペスです。
体力が低下して免疫力が下がっている時にはヘルペスウィルスに負けてしまいますので、帯状疱疹などの症状が出てしまうことがあります。そして通常ならバルトレックスで対策をすることができます。ヘルペスウィルスの活動を抑えてくれる薬ですので、症状を緩和させていくことができるのですが、ただ妊娠中の服用についての安全性は確立していないという実態があります。しかしながらヘルペスを我慢し続けるのは母体にとってストレスになり、ストレスは胎児にも影響すると言われていますので、治療の為にバルトレックスが処方される事もあるようです。長期の服用をしなければそれほど心配はないとも言われているようですが、どのみちバルトレックスを服用する際にはよく医師と相談することが大切です。